Lipro MAVIE マヴィ

さいたま市のお得で楽しい「リプロメンバーズ倶楽部」の情報誌
スマートフォンサイト版

おでかけスポット│武蔵第六天神社に初詣

おでかけスポット│武蔵第六天神社に初詣

さいたま市岩槻区にある武蔵第六天神社は、天明2年(1782年)の創建。
御祭神は面足尊(おもたるのみこと)と吾屋惶根尊(あやかしこねのみこと)の主神のほか、六柱の神々を奉斎している。
 また、同神社には、御使役として天狗様の存在がある。天狗様は、もろもろの願い事をかなえる仲立ちをしているといわれ、古来より伝わる「向かい天狗の絵馬」は火難・盗難・疫病を除き、邪気を祓って家内安全、五穀豊穣、商売繁盛などにご利益のあるお守りとして信じられている。  その昔、岩槻城下が繁栄を極めていた当時、有名な慈恩寺や日光にお参りした人々は、日光街道を曲がり、現在の元荒川沿いを下って岩槻城下の同神社に参拝したという記録も残っている。
 また、面足尊(おもたるのみこと)と吾屋惶根尊(あやかしこねのみこと)の二柱を主神としており、この「面足」の名前のから「足」の神様とする信仰があり、足の病気にご利益があると信じられてい るほか、近年ではさらに、「足」との関わりから「交通安全の神様」としても尊ばれている。

バスケットボール専門店SLAM さいたま店

同神社には、古来より耳の病気や頭痛にご利益があるお守りとして「神錐(きり)」伝えられている。
毎朝・夕、同神社の名前を唱えながら、耳を突くまねごとを3回繰り返すとご利益があるという。
 さらに、境内から眺める自然豊かな元荒川の景観は、「すずみ湖」という愛称で人々に親しまれており、4月〜5月には、豊かな自然と川の恵みに感謝をする行事の「元荒川感謝祭」も行われている。

住所 さいたま市岩槻区大戸1752
電話番号 048-799-1014
御利益 家内安全、商売繁盛、厄除け、交通安全、安産祈願、初宮詣、七五三詣、耳病平癒など
交 通 東武野田線「岩槻駅」下車。アサヒバス「水上公園」行き、「巻の上」下車。徒歩10分
URL ホームページはこちら
バスケットボール専門店SLAM さいたま店